亜脱臼剥離の手術が真逃れました

更新日:3月10日

サッカーで、股関節の亜脱臼の剥離で、手術をしなければいけませんでした。手術日も決定していたところ、できれば手術したくないと、調べて酸素に入ることしました。そこから酸素に通い、最後の検査の時、くっつきこれなら手術しないでもいいと真逃れることができました。

Yくん 21歳 男

​*効果には個人差があります






このお客様は、名前は言えませんがプロのサッカーにいきだしました。

2年の頃から3年間くらい、週2,3回来てくれていていました。

大学生の頃から、とても意識が高く酸素カプセルルームに入る時もいつも

自分の内面、技術向上のための本をもってきて熱心にインプットしていました。

自分の身体に対するメンテナンスも、意識がとても高く、私の方が関心させられていました。


それだけでなく、いつもいつもどんな時も、すごーく気持ちいいさわやかな挨拶をしてくれて、ニコニコ誰にでもさわやかなスポーツマンな態度。

技術や才能はもちろん持っていて、努力も惜しまずされている一面は私には

分かりませんが、プロになるって、意識や姿勢態度も人とは違うんだな~と

あんなに若いのに、私は感心するばかり。

ところで、お母さんは何歳?と聞いたら、私と大差なし(;´Д`)


もう、親の心境で、可愛いな…頑張ってほしいな。

と、今は遠くに行ってしまった子ですが、遠くながら

元気な身体と、活躍を祈っています


Y君、頑張ってねー

8回の閲覧0件のコメント